飛騨あさひ年間釣りグランプリ

STEP3 検尺施設で応募する


検尺施設で釣った魚を持って行き検尺する

・検尺施設に当日釣った魚・エントリーカード・漁業券をお持ち下さい。

・審査員(検尺施設の従業員)の立会いのもと検尺を行い、証拠を写真で残します。 

・検尺施設は通常の施設業務と兼務しております。検尺に時間を要する場合がございます。予めご了承ください。 

検尺施設のご案内

【検尺施設① 道の駅ひだ朝日村】

岐阜県高山市朝日町万石150番地

TEL:0577-55-3777

検尺時間:午前9時~午後4時

定休日:毎週水曜日

【検尺施設② くるみ温泉&キャンプ】

岐阜県高山市朝日町胡桃島8

TEL:0577-56-1137

検尺時間:午前10時~午後8時


検尺時の注意事項

・競技者本人が釣り上げた魚の内1匹を選び、その大きさにて順位を決定します。 

・禁漁日9月30日まで何度でも検尺できます。ただし、1日1回、当日物のみとさせていただきます。

・検尺結果が同じ大きさの場合、年長者を上位とさせていただきます。 

・当日物でない場合や、銀化の状態等は審査員の判断によります。 

・検尺の結果についての異議、申し立ては一切受け付けません。

・秋神川アマゴ釣り大会当日は、大会で釣った魚と混同する可能性がある為、大会参加者は検尺できません。

・審査対象物及び、検尺時に不正があった場合は、その年以降の大会の参加はできません。