飛騨高山 飛騨牛 民宿 鈴蘭高原 渓流釣り トイレ風呂完備

道の駅ひだ朝日村

[みちのえきひだあさひむら]

ショッピング|ゴルフ|古民家|室内運動|研修

只今コロナ対策強化中


サンサンあさひ道の駅ひだ朝日村の新型コロナ感染防止対策

道の駅ひだ朝日村では新型コロナウィルス感染拡大を防止する為、様々な取り組みがされています。

☑ 全てのお客様に入店前の消毒のお願い

☑ 定期な換気の徹底

☑ 37度以上の熱がある方などの入場制限

☑ 会計時のソーシャルディスタンス、会計カウンターの飛沫防止フィルム

☑ 施設ご利用中のお買い物中のマスク着用のお願い

☑ 従業員の毎出勤時に体調チェック、マスク完全着用

高山市朝日町に来たら必ず寄ろう


標高744m、高山駅から車で約20分。

県内最大級に広い駐車場と、向かって施設に向かって東側と西側に芝生ゾーンがあるのが目印。東側の芝生ゾーンにはグランドゴルフ場「あさひの里」、夏はちびっこ相撲会場になる土俵があり、西側の芝生ゾーンは屋内多目的屋施設「こだま館」、古民家「やすらぎ館」があります。

道の駅の中には、公衆トイレ、観光案内情報棟、お土産特産品販売所、農産物直売場、お食事処「蓬庵」、さらに会議や研修ができる研修室があります。

また、ペットを連れて旅行をされる方が増えていますが、道の駅ひだ朝日村では「ペットの遊び広場」もありますので、人間だけでなくかわいいペットも休憩してみてはいかがでしょうか?このペットの遊び広場は冬季はご利用出来ませんのでご注意下さい。

飛騨の特産品を購入しよう


■店内土産品売り場

テスト投稿です。道の駅売店。 - Spherical Image - RICOH THETA
道の駅ひだ朝日村蓬庵のテーブル席

お土産品コーナーには魅力的な土産品・特産物がづらり。

中でも他ではなかなか手に入らない飛騨高山朝日町の特産品がおすすめです。

ここでは朝日町特産品を売上ランキング形式でお伝えします。

第1位 元祖飛騨よもぎうどん

朝日町名物よもぎうどん

道の駅ひだ朝日村と言えば「元祖飛騨よもぎうどん」です。細麺と太麺があり、麺の太さはそれぞれ好みがあるかと思いますが、ツルツルっとざるうどん感覚で食べたい方は細麺、温かい汁に入れたい場合は太麺がおすすめです。岐阜県の推奨土産品に認定されている人気商品です。

加工場は実は道の駅ひだ朝日村の施設内に、打ちたてのうどんが店頭に並んでいます。

こちらの商品は施設内の食堂「蓬庵」の看板メニューでもあります。どんな味が気になる方は、蓬庵でまずよもぎうどんを食べてみたらいかがでしょうか?

第2位 元祖美女餅

朝日町名物美女餅

高山市朝日町の看板商品の一つの「元祖美女餅」。朝日町の飛騨美女餅工房で製造されている、もはや朝日町の名物ではなく、飛騨高山の名物になった大人気商品です。

朝日町では戦前から棒状の餅が作られており、美女峠にまつわる言い伝えにちなみ「美女餅」と呼ばれています。もち米ではなく、朝日町で栽培したコシヒカリが原材料のため、通常のお餅のような粘り気がありません。団子のような弾力のある食感で噛み応えがあるのが特徴で、学校給食や老人施設でも利用されています。

「飛騨高山の風土と飛騨人の暮らしが生み出す本物」の商品として、令和元年度に「メイドバイ飛騨高山」に認定され、各種報道に幾度と紹介されている特産品です。

 

▼「メイドバイ飛騨高山」の詳細情報

第3位 きねつきあっぽ

朝日町名物あっぽ

第3位は「きねつきあっぽ」。道の駅ひだ朝日村限定販売のレアな土産品として人気を集めています。

「あっぽ」とは聞いたことがない方も多いかと思いますが、この言葉の意味は飛騨高山の方言で「餅」を意味します。

ラインナップは草餅、豆餅、白餅の3種類です。この中で草餅は飛騨朝日産の天然よもぎを使用していますので、よもぎの香りが楽しめるヘルシーなお餅です。この杵つきあっぽシリーズは、よもぎうどん同様、道の駅ひだ朝日村の加工場で作られています。お持ちの原料となるもち米も飛騨高山産です。

第3位 よもぎカレー

世にも珍しい緑色のカレーが第4位。その名は「よもぎカレー」です。

緑色のカレーなので見た目はぎょっと驚く色をしていますが、見た目以上に美味しいこと間違いなしのカレールーです。1食用レトルトカレーですので、自分で食べるだけでなく、お知り合いのお土産にも人気です。「食べてみて!見た目以上に美味しいから!」例えばこんな風にお知り合いに勧めてみるのも面白いかもしれません。よもぎうどん・杵つきあっぽ草餅同様、朝日町のこだわって採取した天然よもぎを使用しています。

こちらの商品は施設内のお食事処「蓬庵」でも食べることができます。

新鮮な農産物を手に入れよう


今や道の駅の定番にもなりつつある地元農産物が購入できる「農産物直売所」。道の駅ひだ朝日村の農産物売り場は外入り口と店内にもあります。もちろんどれも地元で作られた新鮮な農産物です。

特に朝日町ではトマト農家が多いので、トマトを購入されるのであれば、朝日町のトマトは本当におすすめです。スーパーマーケットではありえないビックリ価格で店頭に並んでいる時もよくあります。価格以上の味にもびっくりされること間違いなしです。

また、全国の米の品評会で賞を受賞するような「じっくち育てたお米」や、寒暖の差が激しい厳しい環境で育った甘くて美味しい「鈴蘭大根」など珍しい農産物も並ぶことがあります。

スーパーマーケットではないので、いつでも欲しい農産物があるとは限りませんが、旬の新鮮な野菜が店頭に並ぶことが多いので、是非ご利用ください。

その他特産品はあるの?

どんな農産物があるの?


上記の特産品だけでなく、道の駅ひだ朝日村ならではの特産品・土産品も多々店頭に並んでいます。また、どの時期にどの野菜が店頭に並んでいるかも分かりづらいと思いますので、高山市朝日町のパンフレットの「食べよう!あさひで」、「買おう!あさひで」ページをご覧ください。

ダウンロード
高山市朝日町観光パンフレット 食べよう、買おうページ
食べよう、買おうページ.jpg
JPEGファイル 346.4 KB

その他施設情報


道の駅ひだ朝日村の敷地内には、グランドゴルフ場「あさひの里」、会議や研修やレクレーションなどできる「研修室」、屋内多目的施設「こだま館」、古民家「やすらぎ館」があります。

 

■グランドゴルフ場「あさひの里」

グランドゴルフ場は道具一式を道の駅売店でレンタルしていますので、手ぶらでご来場していただいてもかまいません。比較的簡単に楽しめるスポーツなので老若男女誰でも楽しむことができます。

 

■研修室

よく会議や研修に利用されます。机やイスは大量にあるので、大人数でもご利用可能です。希望によっては施設内のお食事処「蓬庵」から出前形式でお食事を準備できます。ホワイトボードや、マイク、スピーカーもあるので研修をするのではれば、非常に使い勝手がいい施設です。ご利用の際は、事前予約が必要です。

※プロジェクターはございません

 

■こだま館

ゲートボールやレクレーション、各種スポーツのトレーニング、ワークショップ等、ご利用の方法は自由です。使用の際は予約がいりますのでご注意ください。施設内はグランドの様な専用の土が敷かれています。ステージもありイベントや発表会形式で利用される方もみえます。ご利用の際は予約が必要です。

 

■やすらぎ館

古民家を改修したワークショップスペースとして人気があり、中にはお食事を持ち込むことが可能です。水道・ガスも整備され、いろりで魚を焼いたり、鍋をしたりとこちらも利用の仕方は様々です。ご利用の際は予約が必要です。

 

「グランドゴルフ場」「研修室」「こだま館」「やすらぎ館」の詳細は、直接道の駅ひだ朝日村にお問合せ下さい。

店舗情報


■住所

〒509-3324

岐阜県高山市朝日町万石779-1
■お問合せ

TEL 0577-55-3777

(道の駅ひだ朝日村と同じ回線)

■公式HP

http://www.gix.or.jp/~z33asahi/

■営業時間

9:00~17:00

(11月21日~4月20日 16:00まで)

■定休日 毎週水曜日定休

※ゴールデンウィーク・おぼん等は休まず営業■駐車場

普通車100台バス3台

EV車充電器あり

■決済方法

現金 ペイペイ


アクセス


■マイカーでのアクセス

【高山方面より】高山ICから国道158号・361号を経由して約29分

【長野方面より】岐阜・長野県境より国道361号を経由して約33分

 

■電車でのアクセス

・JR高山線 久々野駅下車後、タクシーで13分

・JR高山線 高山駅下車後、タクシーで26分

 

■公共バスでのアクセス

濃飛バス朝日線「朝日診療所口」バス停留所下車、徒歩2分

マップで見る


お問い合わせ


道の駅ひだ朝日村に直接電話をかける

飛騨あさひ観光協会経由で問い合わせをする

メモ: * は入力必須項目です