飛騨高山朝日町秋神温泉氷点下の森

ホーム観る!⇒氷点下の森ライトアップ

飛騨高山の冬の風物詩

芸術的な氷の世界で最高の思い出を

氷点下の森 ライトアップ

ひょうてんかのもり らいとあっぷ

お問合せ:秋神温泉

こんな方におすすめ


飛騨高山氷点下の森(ライトアップ)はこんな方におすすめ

・冬の高山でおすすめの観光スポットを探している

・昼も夜も遊べる高山市の観光スポットを探している

・岐阜県を代表する冬のライトアップが見たい

・岐阜県トップクラスのインスタグラムスポットでインスタ映えする写真を撮りたい

・思わず手をつないでしまうデートスポットに行きたい

・冬の絶景を見ながら、絶品ラーメンを食べたい

まるでアナ雪の世界 氷点下の森

昼間の氷点下の森

高山市中心地から約1時間。そこにはまさに新世界。

山の一軒宿「秋神温泉旅館」が昭和46年より制作を始めた冬の風物詩です。

宿の主人の長年の苦労の末、現在、約4ヘクタールの敷地内に約6,00メートルの導水ホースを整備し、例年9月頃から入念な準備をし、11月中旬より氷づくりを始めます。真夜中の作業は危険をともなうもので、主人の地道な努力がつづきます。

そうして出来上がった氷の森は、昼間にはブルーに、夜にはライトアップされ、幻想的な世界を見せてくれます。

選べれる3つの理由


1.期間中毎日ライトアップ いつでもキレイ

2.夜だけでなく昼間に行ってもキレイ

3.景色を見ながら食べられるラーメンがとにかく美味しい

期間中毎日ライトアップ いつでもキレイ


毎年1月1日~2月末日まで毎日ライトアップをしております。平日でも土日祝日でも関係なく毎日行っていますので、自分の都合に合わせて行けるのが魅力です。

時間は日没から21時までとなっておりますので、日によって開始時間が変わります。日没とともに冷え込みはまた一段と厳しくなります。暖かい服装でお越し下さい。氷のライトアップに最高の星空、ロマンチックな夜をお過ごし下さい。

入場料は無料ですが、自然環境を保つため協力金を会場でお渡しいただけると幸いです。

夜だけなく昼間に行ってもキレイ


氷点下の森は期間中毎日ライトアップしていますが、ライトアップをする夜だけがキレイな訳ではありません。昼間は夜では発見できない氷の魅力を発見することができます。ライトアップをしてキレイに演出する観光スポットは全国各地にありますが、氷点下の森は昼間でもとってもキレイです。

氷点下の森がなぜ昼間でもキレイなのか、それは氷の色にあります。氷点下の森の氷の色は「青色」をしています。冷蔵庫で水道水を凍らすと白色になります。雪国で冬場によく屋根についている氷柱(つらら)は透明な色をしています。

この色の差は何でしょうか?

実は水を流動的に長い時間をかけて凍らすと、氷は透明に近くなる性質があります。

氷点下の森の氷は言わば大きな氷柱です。氷柱と氷柱の間に雪が混じり、断層のように氷と雪が混ざった状態で徐々に大きくなっていきます。そうすると氷点下の森の氷のように透き通った青色になるのです。

ライトアップは2月末日で終了しますが、氷点下の森は氷がある限りいつでもご来場できます。

絶景を見ながら食べられるラーメンがとにかく美味しい


氷点下の森を一番きれいに眺めることができる場所に「カフェクリスタルハウス」があります。このカフェの「森のらーめん」がとにかく美味しいとお客様に評判です。

過去に氷点下の森に来場したことがある方は「そんなお店あったかな?」と思われる方も少なくないはず。カフェクリスタルは2020年1月から本格的にオープンしました。カフェのオーナーは同じ朝日町内で民宿を経営している「民宿すずらん」のオーナー丸山さん。民宿すずらんは料理がとにかく美味しい宿と非常にリピーターが多い宿です。そんな宿のオーナーが冬の氷点下の森を盛り上げる為に、2020年から本格的カフェをスタートしました。京都の料亭で修業したオーナーの料理は絶品。オーナーが「高山ラーメンを超えたラーメン」と言い切るのも納得できる味です。

森のラーメンの他にコーヒーや軽食も食べることできます。

その他の魅力①“えっ!シャボン玉が凍る”



氷点下の森では特に冷え込みが厳しい時にはシャボン玉体験をやっています。特に寒い日には、シャボン玉が空中でどんどん白く凍っていき、地面に落ちても割れないという現象がおきます。子供から大人まで誰でも簡単に楽しめる、都会では味わえない遊びができます。

その他の魅力② 氷中貯蔵酒の貯蔵樽



会場内には飛騨高山の土産推奨品にも選ばれた「氷中貯蔵 熊の涙」の貯蔵樽があります。岐阜県酒造好適米のひだほまれを使用した純米吟醸酒で、冬季12月後半から3月末まで、氷点下森で低温熟成させる非常に珍しい地酒です。樽ごと凍らすという氷点下の森だからできる貯蔵法で、樽が分厚い氷で覆われることで、樽内の温度が低い状態で安定的に保たれることで、ゆっくり熟成させる独自の方法です。毎年12月から予約が開始され、4月上旬より全国に発送致します。

その他の魅力③ 鉄分たっぷり日帰り温泉



氷点下の森というだけあって、冬季は昼間も氷点下のことが多く、朝晩の寒いときはマイナス10度を超えることも珍しくありません。外で氷を見た後はゆっくり温泉に入るのはいかがでしょうか?

温泉は秋神温泉内にあり、日帰り入浴も可能です。真っ赤なお湯が特徴で、鉄分を大変多く含んでおり、一度入ると体の芯から温まります。宿の休業日、日中は日帰り入浴をやっていないときもありますので、「是非ともこの秘湯に入りたい!」という方は事前に宿にお問合せ下さい。

イベント詳細情報


■住所

〒509-3313

岐阜県高山市朝日町胡桃島355

■会場名

氷点下の森(秋神温泉)

■お問合せ

TEL 0577-56-1021

■駐車場

普通車15台 バス1台

大型バスの駐車は予約・協力金が必要。

※普通車の駐車料は無料ですが協力金入れが会場に設置されていますので、ご協力金お願いします。

■ライトアップ期間

1月1日~2月末日

■ライトアップ時間

日没~午後9時まで

■クリスタルハウスの定休日

1月1日~2月末日まで無休

■クリスタルハウスの営業時間

ライトアップ期間中:午前11時~午後9時

■クリスタルハウスの駐車場

専用駐車場はなし

氷点下の森駐車場に駐車してください


アクセス


■マイカーでのアクセス

【最寄りの道の駅より】道の駅ひだ朝日村より国道361号線を経由して20分

【高山方面より】高山ICから国道158号・361号を経由して約48分

【長野方面より】岐阜・長野県境より国道361号を経由して約36分

 

■電車でのアクセス

・JR高山線久々野駅下車後、タクシーで32分

・JR高山線高山駅下車後、タクシーで45分

 

■公共バスでのアクセス

・濃飛バス朝日線 終点「秋神温泉」バス停留所下車

マップで見る


お問い合わせ


氷の状況等の現地状況、取材依頼等は秋神温泉に直接お問い合わせください。

※注意※

氷祭り(2月第2土曜日)の時期になりますと秋神温泉の宿泊が混雑いたします。その時期は当観光協会を仲介せず、直接秋神温泉にご予約お願い致します。

飛騨あさひ観光協会経由で問い合わせる

メモ: * は入力必須項目です