氷点下の森 ライトアップ3月31日で終了しました

1月1日からのロングランイベント「氷点下の森ライトアップ」が3月31日をもって終了しました。最後のライトアップは毎年行っている消灯式を行いました。今年も事故もなく、大きな災害もなく、幸いによく冷え雨が降らなかったこともあり最高の氷の状態でした。消灯式当日も天気は雪、道路には少し雪が積もりました。山の神、水の神、大地の神に感謝をして、ライトアップ証明の電源付近にお神酒と塩をまき、一つづつ電源を落としました。

最後の日も数名の観光客がご来場しておりました。岐阜県以外の遠方からのバス旅行者、さらに海外の方まで、多くの方々を魅了した神秘の森。来年も感動を皆様にお届けできることを期待します。